1. 若い人たちが活躍できる町・子供たちが希望を持てる町の実現

16年間にわたる地元の子供たちに「だんじり囃子」の指導した経験から、池田市内で「文化・芸能」あるいは「スポーツ」で活動している若者たちが、もっと活躍できる「ステージ」を関係諸団体と共に考え作り上げるようにします。 
また、子供たちが「夢」を持ち郷土池田を愛するような政策を実践します。

2. 池田市の商業活性化

池田テーマパーク構想が構築され、これからインバウンドを含めた数多くの人がよりいっそう池田を訪れることになるようします。
また、受け入れ態勢を整えることができるように「池田の御商売人」の方々と連携を取り、「商都」池田の復活をめざしてまいります。

3. 池田の各地域の活性化

池田市の地域分権制度である校区別地域「コミニティー」も10年が、過ぎました。
各地域に於いてハード・ソフト両面の取り組みがされ「地域活性・安心・安全」等に効果が表れてきています。
しかしながら、一方では組織の高齢化やマンネリ化も進んできている地域もあります。
地域の活性化を担う「地域コミニティー協議会」を今後も充実させ続けていけるよう「官と民」がともに協力できるような仕組みをつくります。

4. 「安全」・「安心」な「まちづくり」

ここ数年、自然災害が発生する頻度が増えてきております。
池田市に於いても大きな被害が出ております。
「地域コミニティー協議会」を中心とした様々な団体の連携し、対策も進んでいます。
今後は、災害の情報の適切な発信と支援を行政として柔軟に対処できるような体制づくりを行ってまいります。

5.  高齢者福祉の充実

池田市の高齢者比率が28%を超える現状を考えますと、より一層の高齢福祉を考えていかねばなりません。
関係諸団体と連携を取りながら、障がい等による社会的弱者の方々を地域で支える仕組みを考えます。